【色づく世界の明日から】10、11話の感想!ネタバレあり!瞳美と唯翔は?

こんにちは、Takashit(@33fisherskier)です。

アニメ大好きなフライフィッシングとスキーを愛するおじさんですw

毎週書いていた感想ですが、色々あってかけませんでした(T_T)

といっても読んでる人なんてほとんどいないんですけどねw

それでも楽しみにしてくれている人がいるかもしれないので最終話までかけたらなと思っています!

2話分書きましたのでよろしくどうぞー。

【色づく世界の明日から】10、11話みました!

ネタバレありで感想を書いてますので、まだ見ていない人は視聴後に読んでくださいね♪

10、11話あらすじ

10話「モノクロのクレヨン」

瞳美に自分の本心を語ったあさぎ。互いの本当の気持ちを知ったふたりの間に、気まずい空気が流れる。あさぎともう一度仲直りしたい瞳美は、勇気を振り絞り彼女に声をかけ……。一方、魔法写真美術部では文化祭に向けて、準備が進行中。琥珀は魔法部として「絵の中に入る魔法」を文化祭で披露することを思い立つ。絵に入った一同は様々なものを目にするが、唯翔にはある出会いがあり……。

【公式サイトより】

11話「欠けていく月」

魔法写真美術部の面々は、文化祭の用意で大忙し。胡桃、将、あさぎら写真部は展示の準備を、唯翔は魔法部が使う「絵」を描き進め、琥珀と瞳美はイベントを成立させる魔法の練習に余念がない。しかしそんな中、暗室に入った瞳美が突然姿を消すというアクシデントが発生。すぐに見つかったものの、琥珀はこの出来事が、瞳美が時の間(あわい)に引き込まれる―その危険な兆しであることに気付く。

【公式サイトより】

前回は将が瞳美に告白してフラれました。

そして、あさぎは瞳美を避けるようになってしまいました。

10、11話ではあさぎと仲直りした瞳美。

文化祭での出し物に「絵の中に入る魔法」を提案する琥珀。

そして瞳美が突然姿を消してしまいます。

あさぎと瞳美は微妙な空気です。

しかし、瞳美もあさぎもこのままではダメだと思います。

あさぎと瞳美は話し合いをします。

そして二人の関係は元通り。

文化祭で魔法部として絵の中に入ることを披露したいと琥珀が提案します。

そして魔法写真美術部のみんなで絵の中に入ることに。

絵の中で唯翔は幼い日の瞳美に出会います。

瞳美は過去に何があったか唯翔に話します。

10話はこれで終わりです。

文化祭の準備に追われ、魔法写真美術部のみんなも忙しくしています。

すると突然あさぎの目の前から瞳美が消えてしまいます。

瞳美はまたすぐに元の場所で見つかりましたが様子が変です。

琥珀は瞳美にかかっている時間魔法が解けかかっていることに気づきます。

そして、今度は唯翔の目の前で瞳美が消えてしまいました。

探しても見つからない瞳美。

琥珀はみんなにこのままでは瞳美が時の間(あわい)に引き込まれてしまうかもしれない、文化祭の日に未来に返さないといけないことを告げます。

瞳美を救うため、魔法写真美術部のみんなは星砂を集めます。

意識の戻った瞳美はそれを見てどうしたらいいのか分からなくてなります。

瞳美と唯翔はお互いのもとへ走り出します。

11話はこれで終わりです。

感想|瞳美のトラウマがあきらかに

絵の中で唯翔は小さい頃の瞳美に出会いました。

幼い瞳美は王女と姫の間にクロのクレヨンで川を書いていました。

これまで語られなかった瞳美の過去です。

女の人はお母さん、女の子は瞳美自身なのでしょう。

これが瞳美にとってのトラウマであり、色が見えなくなった原因でした。

1話から瞳美の両親は出てきていませんでした。やはり親のことが原因で色が見えなくなった、見えなく自分でしてしまったのですね。

お父さんはどうしたのだろうという疑問はありますが、お母さんは出て行ってしまい行方知れず。

小さい子供にはトラウマになって当然でしょう。お母さんは魔法が使えない、そして自分は魔法が使えるためにお母さんはいなくなったと思っているのですから。

唯翔にそのことを打ち明けたことで、心がスッキリした瞳美は自分が過去へ来た意味を考えていました。

それは唯翔と出会い過去のトラウマから解放されるためだったのか?それだけではないのか?

話の展開からしてトラウマから解放され唯翔とも結ばれるハッピーエンド的な予想なのですが、未来に戻らなければ時の間(あわい)に引き込まれてしまうしどうなるのでしょうか。

9話の感想でエレベーターに乗っていた瞳美が消えましたよね?

それは11話に続く伏線だったんですね。

このエレベーターのシーンです。

確かに瞳はエレベーターに乗っています。しかし…

エレベーターに乗っているはずの瞳美がいない?

【色づく世界の明日から】9話の感想!ネタバレあり!鈍感ズw
【色づく世界の明日から】9話の感想を書いています。ネタバレありですので視聴後読んでくださ〜い♪

これは瞳美にかけられた時間魔法が解けかかっているという事だったわけです。

にくい演出ですが、10話では消えなかったですしちょっとわかりにくいかもと思ってしまいました。

しかし、瞳美が消えたシーン。

瞳美「忘れない…唯翔さんのこ…」

話してる途中で消えちゃったよー。。。

こういうの好きですね〜。

瞳美は意識を失ってしまい唯翔とは話せないままだったじゃないですか。

そしたらやっぱり会いたくなりますよね?

そして紙飛行機の手紙を飛ばし、唯翔のもとへ走る瞳美。

唯翔も瞳のもとへ走る!

出会う二人!抱き合う二人!後ろに三日月!

中二病をくすぐる演出ありがとうございますw

ちょっと一気に話が進んだ感はありますが、果たしてこの二人はどうなるのでしょう。

今週のあさぎ

やっぱりあさぎはいい子ですね〜。

瞳美とも仲直りできてよかったよかった♪

将の鈍感さにあきれる?怒る?あさぎも可愛かったです(笑)

瞳美が未来に帰らなければいけないことを聞いて泣いてしまうあさぎ。

瞳美を無事未来に送り返してあげようと星砂を拾いに来たあさぎ。

泣いたり笑ったりとこの喜怒哀楽ぶりが魅力的なキャラでした。

流石に終盤なので出番が少なくなってきましたが、頑張れあさぎ!

まとめ

少しずつ伏線が繋がってきましたね。

個人的には琥珀の旦那となる人(瞳美のおじいちゃん)が気になるところなのですが、出てこないのかな?

魔法書店の人なのか?

次回は文化祭が開かれると思うのですが、瞳美は未来に帰るのか?唯翔はどうするのか?

話は変わるのですが、私も他の方のブログで感想を見ているんですよ。

先に読んでしまうとパクってしまいそうなので(笑)自分が感想を書いてから読ませてもらっているのですが、ゆっちーさんの感想&考察はまじで凄いです!

今回も書き終えてから読ませて頂きましたが、私の感想なんて屁みたいなもんですw

読んだことない方はぜひ読んでみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする