【ノードレスバンブーロッド】ノードレスの加工方法と接着方法

こんにちは、Takashit(@33fisherskier)です。

趣味でバンブーロッド製作をしています。

私が製作しているバンブーロッドは普通のバンブーロッドと少し違い、節の無いロッドです。

節の無いロッドのことをノードレスバンブーロッドと言います。

この記事では竹片をノードレスにして、各ピースを接合し1本のスプリットケーンを作るための加工方法と接着方法について書いています。

興味ある方はぜひご覧ください。

ノードレス加工|切断


まずは竹片の節部分で切断します。

上の画像は竹割してあったスプリットケーンがあったので、その状態から節だけを切断して除去しました。

すると節の無いピース(短い竹片)が何本かできます。

今回は竹割してあったものを切断していますが、竹の状態で節部分を切断してから竹割をした方が各ピースの太さを揃えやすいと思います。

節の無いピースを何本かつなぎ合わせて1本のスプリットケーンを作るので、必要になるスプリットケーンの長さ分ピースを何本か準備します。

スプリットケーンの長さと必要なピースの計算方法は後述します。

画像は切断したピースをスプリットケーンごとにまとめた状態です。

6角バンブーロッドなので3角形のスプリットケーンを6本貼り合わせて作ります。

そのため、スプリットケーンは6本必要になるということです。

上の画像では1本のスプリットケーンに5本のピースを使用しています。

一応、私は竹を6等分してナンバリングをし、通常の節ありのバンブーロッドと同じように組み合わせをしています。

最終的にはギャリソン・ノードと同じ張り合わせにしています。

後は各ピースをつなぎ合わせし易いように、竹の3辺をカンナやヤスリで削り同じ幅、厚さになるように仕上げます。

【ピースの削り方】

ここまで出来たらオーブンで火入れをします。

ノードレス加工|斜めにカット

火入れが終わったピースの端を斜めに切断します。余りにも曲がりがひどいピースは曲がり直しをしてから斜めに切断します。

削って斜めにする方も見えるようですが、私は卓上丸ノコで斜めに切断しています。

画像のような治具を使ってピースを挟みます。

そうすれば切断の際にピースが暴れることもありませんし、どのピースも同じ角度で切断できます。

切断するときの角度は20°になるように治具を設定してあります。

ちなみに卓上丸ノコはこちらを使用しているのですが、テーブルソーにもなるので便利ですよ。

ぶっちゃけ綺麗に切断できればなんでもOKです。

【左:切断前 右:切断後】

斜めに切断すると画像のようになります。

スプリットケーンの計算方法

例えば、7ftの2pcロッドを製作するとします。

7ft=約213cm

2pcなので1pcの長さが106.5cmとなります。

ですので必要なスプリットケーンの長さは106.5cm+5.0〜10.0cm(余裕を持たすため)

スプリットケーンの必要な長さを115.0cmとし、1本のピース(節なしの竹片)が35cmとします。

ピースの幅が約1.0cmだったとして、ピースをカットするときの角度は20°なのでピースの接着部分の長さの計算式は下記のようになります。

a=h/tanθ(a=接合部の長さ、h=ピースの幅、θ=角度)

a=1.0/0.364…=約2.75cmとなります。

接着部分で2.75cm必要になるので35cm×4本-2.75cm×3=131.75cmのスプリットケーンができます。

図で説明するとこんな感じです。

仮にピースが3本だと99.5cmと短くなってしまうので、少し長いですが4本で繋げて1本のスプリットケーンの出来上がりです。

これを6本×2セット(ティップとバット)作ります。

ちなみに接着部分は節ズラしのようにズラしていません。

最後の張り合わせで同じ位置に接着部分がきますが大丈夫です!多分w

ピースを接着してスプリットケーンを作る

斜めにカットしたピースを接着剤で張り合わせます。

そして、100均などで売っているクリップで固定して乾燥するまで待ちます。

接着剤はタイトボンドⅢを使用しています。

接着剤はタイトボンドⅢがいいよと師匠に教えてもらったのですが、扱い易いしかなり強力に接着するのでおすすめですよ。

まとめ

接着剤が乾燥したら、スプリットケーンの曲がりを直し→粗削り→仕上げ削りと進んでいきます。

画像はロッドが完成した状態です。

本当はこんなに繋ぎ目が目立たないのですが、これはちょっと失敗しています(笑)

わかり易いように目立つところを撮りました。

ノードレス加工と接着は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする